台湾でサーフィンといえば、「東台湾」今年のサーフトリップはここで決まり!

Start content

忘れかけていたものがそこにある。波そして人々。

無くしたくない風景。無くしたくない波。
そこには、忘れかけていたものが残っている・・・。
時を忘れて、波と戯れる。

西高東低が合言葉。北風が吹き始めたらそこはパラダイス!

「東台湾」のメインシーズンは2月。狙い目は12月と3月。
ポカポカ陽気の中、のんびりゆったり温泉気分のサーフトリップを決めたい!
そんなオヤジにはこの季節はたまらない。
ちょっと長めに休みを取って、ぶらり一人旅もオツナもの!

日本人開拓者魂を見る!

こんなところに日本人が・・・。今ではすっかり有名になった東台湾。しかし、数年前までは日本人が立ち寄るような場所ではなかった。波を求めて世界中を旅してきた清水淳が辿り着いた場所。そこが東台湾。そんな彼のフロンティアスピリッツに触れてみては?

詳細を見る

バックパッカールームからホテル仕様まで

清水淳が一番最初に始めたのは、日本人サーファーが気軽に泊まれる「安心プライス」の宿。そして、年を重ねることに規模を大きくし、彼の夢への道を歩き出した。

詳細を見る

東台湾の波が良い理由は?

世界中の名立たる有名ポイントに波がある理由は、波が立ちやすい地形、波を運んで来る季節風。では、東台湾に波がある理由は??

詳細を見る
PAGE TOP